山梨のアルバイト看護師日記

夜勤って緊急入院とか急変とか多いですよね・・・(T_T)夜勤の度に何かしらトラブルが起きている気がする・・・。

私は、外科病棟で働くママさんナースです(*^_^*)

もともと、バリバリ働くのが好きな私は、あえて外科病棟を選びました^_^

急性期病棟って大変だけど、とてもやりがいのある病棟ですよね^_−☆

私の働く病院は、総合病院で夜間も、夜間救急外来があります。

ですから、夜間の緊急入院などもあるんです。

夜間の緊急入院って、結構多いんですよ...( ̄Д ̄)ノ

夜間の入院時もアナムネなど取らなくてはなりません。
これがまた、時間がかかるんですよね>_<

もちろん緊急入院が必要なほど体調の悪い患者さんが増えるわけですから、夜勤ナースも走り回って仕事をしています(−_−;)

そしてそんな時に限って、他にも急変が起きたりします。

急変対応に、緊急入院の対応に、ステルベンの対応に...。
オペ後の急変などもありますから、いくら忙しくても、入院患者さんの体調にも十分に気をつけなくてはなりませんね( ;´Д`)

バタバタし始めると、なぜかナースコールまで増えてきたりしてね(・_・;


一晩走り回って朝を迎えることもしょっちゅうですよ(−_−;)

平日の朝はオペ前の採血があったり、輸液もキープしなきゃいけません。

そんな時に、また急変など起きることもあります( ;´Д`)

やはり夜勤帯は急変とかステルベンって多いんですよね...。

ナース三人でこれをこなすわけですから、チームワークの悪い日は最悪‼︎(−_−;)

苦手な人との夜勤は、本当に何もないように願うばかりです>_<

しかし、そんな日も容赦無くトラブルは起きている気がしますね( ;´Д`)

なんだかんだと、トラブルの起きない日はないですね...。

さすがに、明けの日は疲れたなぁって思いますが、仕事をこなした達成感がありますね^_^

2014年3月10日|

子供がいる事で仕事への姿勢は変わりましたか?

私は、働く事についてだけではなく、子供が生まれて家族ができた事で、価値観が大きく変わってきましたね。
子育てする事によって、学ぶ事がとても沢山ありますよね。
まだ看護学生だった頃、先生から、子供を育てる事は人間として大きく成長する事だと言われたんですけど、
その意味が良く分かります。

まだ独身だった時は、特に何も考えないで仕事をしていましたよね。
仕事に行くのがイヤだと思った事もあるし、仕事に対して、ただお金を稼ぐ事だけで、
それほど真剣に考えてなかったと思います。
でも、結婚して子供が産まれると、何よりも責任感が出てきますよね。
自分の為に働くのではなくて、家族の為に働くようになります。
働いている事で、子供に淋しい思いをさせてしまっている時もあるんですけど、子供の為には稼ぐ必要がありますよね。
子供が大きくなれば、習い事などのお金も必要になってくるし、欲しい物も買ってあげたいですよね。

独身の時には全くなかったんですが、仕事に対する責任感がすごく強くなりましたよね。
それに、家族ができると、人の命の尊さというのをとても感じます。
看護師という仕事をする上でも、患者さんや、そのご家族の立場に立って、物事を考えるようになりました。
これは、看護師としてとても大切な事ですよね。
子供は親の姿を良く見てますから、子供に恥ずかしくないように、お手本になるような人間になろう、
という気持ちもできましたよね。

子育てと仕事を両立させるのは、とても大変な事です。
なかなか上手くいかなくて、ストレスが溜まってしまう時もあります。
でも、そんな事も吹き飛んでしまうくらいに、子供がいると得る物のほうがすごく沢山ありますね。
家族って、本当にいいものですよ。

2014年2月17日|

早朝から回診に回る困ったドクター。こっちはスタッフ少ないし手が空かないっつーの(;一_一)自分勝手だな~・・・。

私は、ある整形外科専門病院で、夜勤専従ナースをしています(^ ^)

うちの病院は、二交代夜勤ですから、夜勤時間は長いですよ。

夕方17時から、翌朝9時までの16時間ですからね(;´Д`A


そんな夜勤の明け方って忙しいですよね。
16時間の勤務の中で一番バタバタしている気がします。

朝は、明るみ始める5時くらいかは動き始めます。

空腹時血糖などを含む採血は、早めに行いますし、経管栄養の準備や設置、オムツ交換、朝の整容、オペ前の点滴や検温...。

起き出してきた患者さんからのナースコールも鳴り響きます。

そして食事介助や服薬介助と、長い夜勤の閉めがこんなにも忙しいのか‼ってくらい走り回っていますよ(;´Д`A

夜勤で一番眠気の感じるのもこの明け方なんで、この時間は眠気と仕事と戦ってますからねf^_^;


時には、夜間急変やステルベンがあったりして、仕事が押すときもあります。
エンゼルケアなど朝方に重なると、大変ですよ(;´Д`A

夜間の急変からのステルベンはたいてい朝方まで対応に追われます。

そんな時に、フラッと早々に出勤してくるドクターがいるんです。

ただ出勤するだけなら問題ありませんよ。

そのドクターは、そんな早朝から患者さんの所に回診に回るのです。
フラッと回って、
「はい、今日退院ね~」とか言ってきちゃうから(;´Д`A
こっちは患者さんから聞いてびっくりですよ。

日勤帯であれば、ドクターの回診には必ずナースも立ち会います。

しかしねぇ、夜勤の時は無理ですよ。

夜勤のナース3人でどれだけ仕事をしていると思って...。

こっちはスタッフも少なくて、手が空かないっつーの(−_−;)‼

もぉ、自分勝手だなぁ...。

ドクターも、この空気読んでくださいよっ!

2014年2月13日|

オペ後の急変対応。急変の緊張感は何度経験しても苦手です。テキパキ行動出来る同僚には嫉妬していましますね。

私は、整形外科専門病院で夜勤専従ナースをしているママさんナースです(^ ^)

子育てをしながらの夜勤専従ナースって、結構多いんですよ~。

夜勤しかありませんし、毎日の出勤ではないので、時間に余裕があります(^ ^)
日中は、子どもと過ごす時間を多く持てるので意外とママさんナースにも人気なんですよね♡


整形外科病院の夜勤は、日中のオペ出しやオペ迎えのような事もなく、わりと穏やかな日が多いです(^ ^)

でも、オペ後の急変などもたまにあります。
今までも何度か経験していますが、この緊張感は何度経験しても苦手なんですよね(;´Д`A


整形外科は急性期病棟や、内科病棟に比べると急変は少ないです。

しかし、アナフィラキシーショックや、肺血栓塞栓症、オペ後鎮痛剤、ボルタレンによる血圧低下などのプレショックなど...整形外科でも急変はあるんです(T_T)

夜勤は三人しかいませんから、速やかに対応しなくてはなりません。

患者さんに付ききりのナース。
ドクターコールし、指示をもらうナース。
救急カートなど持って走るナース。

こんな時に、パニックになってわたわたしていたらヒンシュクです‼
とにかく、苦手と言えども必死です(;´Д`A
慌てれば慌てるほど、スムーズに動けません。

慌てると余計パニックになるので、自分に落ち着け~と言い聞かせながら...。

同僚は、手慣れた手つきで、テキパキと対応しています。

はぁ...なんで私はこんなに要領が悪いんだろう。

同僚に嫉妬してしまいますね(T_T)

同僚は、決して慌てていない訳ではないといいます。
ただ、ナースhttp://xn--eut984acmhrjv7tf.jp/が慌ててパニックになってしまえば、患者さんも不安でしょ?
私たちは、患者さんに安心を与えなきゃいけないんだよ。
だから、心の中で慌てても、決して顔には出さない。
それがプロ意識でしょ。


...と。たしかに...返す言葉もありませんね。

あ~、まだまだ未熟だな私。

もっと経験積まなきゃね(;´Д`A

2014年2月13日|

あなたの職場にママさんナースは多いですか?

私の職場は、結婚して転職してくる方や、子育てと仕事を両立させる為に転職してくる方、
ブランク看護師の方がとても沢山働いています。
ママさんナースがこの職場に集まってくるのには、理由があります。
この職場は、育児休暇に育児時間、有給休暇の取得率が100%で、年間休日数も多く、院内保育園も設備されているという、
子育て支援が整った職場なんです。

何年か前までは、院内保育園もまだ設置されていませんでしたし、職場環境もそれほど育児について理解がありませんでした。
しかし、看護師が不足している現在、1人でも多くの看護師を確保する為、それに、子育てをしているような、
中堅で知識や経験の豊富な看護師を求めていた事もあり、職場環境が改善されたのです。

これは、ママさんナースにとってはとても嬉しい事です。
働きたくても、子育てに支障が出てしまう為に、職場復帰できない看護師は沢山存在します。
しかし、子育て環境が整っていて、理解がある職場であれば、負担も軽減され、仕事との両立も決して難しくはありません。
働く上で一番気がかりな子供の預け先も、院内保育園が設置されていれば、安心して仕事に専念する事ができます。

家族の協力がないとなかなか難しい夜勤も、院内保育園があればこなす事ができます。
ママさんナースが多い職場というのは、多くのメリットがあるんです。
皆さん子育てしながら働く事の大変さを理解しているので、困った時にお互いに協力する事ができます。
子育てをしている時は、ストレスを溜めない為にも、働きやすい職場を選ぶ事が大切です。
この職場であれば、出産しても仕事を辞める必要がありませんから、育児休暇などを利用して、長く働く事が可能です。

2014年2月13日|

老健はブランクが長い方、経験が短い方でも働きやすいですか?

老健などの介護施設は、病院に比べると業務内容がハードではないですよね。
医療行為が少ないので、精神的にも楽だと思います。
そのようなイメージもあるせいか、ブランクが長い方が介護施設で働く事を希望するケースが多いですよね。
でも、必ずしも楽ではないんですよ。

老健などに入所している方は、皆さん高齢者ですよね。
高齢者というのは、ほとんどの方がいろいろな基礎疾患を持ってます。
その為、いつ急変が起きてもおかしくない状態ですよね。
病院で、専門の科で働いているのと違って、何か起きた際には、いろいろな事を予想して対応する必要があるので、看護師の知識や技術が必要になるんですよ。
病院に比べると、確かに急変は少ないんですけど、一つの科に捕われないで、看護師としての知識や技術が試される、
といった感じです。

それに、老健などの介護施設は、夜勤の時の看護師の人数が少ないところが多いので、
1人で判断しなくてはいけないケースも多いんですよ。
そんな時には、看護師の経験が浅くて知識が少なかったりすると、かなり不安になると思います。

仕事が楽そうだから、という理由で介護施設を選ぶと後悔するかもしれませんよね。
老健の場合には、介護施設の中でも、医療行為をする事が比較的に多いので、やっぱり医療技術や知識は必要になってきますよ。
介護士は医療行為ができないので、何か起きた時には皆さん看護師を頼りにしますよね。
頼りない看護師では、介護士もどのように対応していいかわからなくなってしまうと思うんです。

確かに、病院に比べると、比較的に落ち着いて仕事をする事ができると思いますが、病院とは違う意味で大変なんだ、
という事を認識している必要があると思いますよ。

2014年2月13日|


トイレつまり www.10v 占いの銀河 賃貸 相互リンク cawaii.nu