老健はブランクが長い方、経験が短い方でも働きやすいですか?

老健はブランクが長い方、経験が短い方でも働きやすいですか?

老健などの介護施設は、病院に比べると業務内容がハードではないですよね。
医療行為が少ないので、精神的にも楽だと思います。
そのようなイメージもあるせいか、ブランクが長い方が介護施設で働く事を希望するケースが多いですよね。
でも、必ずしも楽ではないんですよ。

老健などに入所している方は、皆さん高齢者ですよね。
高齢者というのは、ほとんどの方がいろいろな基礎疾患を持ってます。
その為、いつ急変が起きてもおかしくない状態ですよね。
病院で、専門の科で働いているのと違って、何か起きた際には、いろいろな事を予想して対応する必要があるので、看護師の知識や技術が必要になるんですよ。
病院に比べると、確かに急変は少ないんですけど、一つの科に捕われないで、看護師としての知識や技術が試される、
といった感じです。

それに、老健などの介護施設は、夜勤の時の看護師の人数が少ないところが多いので、
1人で判断しなくてはいけないケースも多いんですよ。
そんな時には、看護師の経験が浅くて知識が少なかったりすると、かなり不安になると思います。

仕事が楽そうだから、という理由で介護施設を選ぶと後悔するかもしれませんよね。
老健の場合には、介護施設の中でも、医療行為をする事が比較的に多いので、やっぱり医療技術や知識は必要になってきますよ。
介護士は医療行為ができないので、何か起きた時には皆さん看護師を頼りにしますよね。
頼りない看護師では、介護士もどのように対応していいかわからなくなってしまうと思うんです。

確かに、病院に比べると、比較的に落ち着いて仕事をする事ができると思いますが、病院とは違う意味で大変なんだ、
という事を認識している必要があると思いますよ。

2014年2月13日|